マンション売却の基礎知識~マイホームを売る前に

マンションを売却するなら、最低限、不動産売却に関わる基本的な知識については勉強しておく必要があります。ほとんどの人がはじめて売却すると思いますので、一通り知識をつけておかないと、場合によっては売却が思い通りにいかず失敗してしまう事もあります。

大切な家を売却するならなるべく高く売りたいはずですので、何も知らずに売って、「相場よりも安い価格で売却していた」など知ってしまったら後悔しか残りません。売却で得た金額によって今後の人生が変わる場合もあるので、絶対に損するような売買はしてはいけません。

マンション売却時に最低限知っておくべき知識

必要な知識は色々とありますが、まず、知っておいて欲しい事を紹介しておきます。これから紹介すること以外にも必要な知識はもちろん色々とあるのですが、必ず押さえて欲しい内容です。

①マンション売却する際には必ず見積もりを取る
②不動産会社の特徴を掴む
③内覧はとても重要
④まわし物件にならないように注意
⑤買主は必ず値下げ交渉してくると思っておく

①マンション売却する際には必ず見積もりを取る

これは当たり前の話しで、マンションの売却をするのに、査定見積もりを取らないのはありえないのですが、ここで言っておきたいのは、売却する際には必ず相見積もりを取って欲しいという事です。何かを購入する際には他店でもっと安くなってないかなと確認しますよね?それと同じで、マンション売却する際も相見積もりを取ってマイホームを一番高く買ってくれる不動産屋はどこなのかを確認する必要がある訳です。

これだけでも、マンション売却で失敗する確率は大きく減るでしょう。

詳しくは→「マンション売却時の査定見積もり

②不動産会社の特徴を掴む

次に重要なのは、不動産会社の特徴を掴む事。相見積もりをどの不動産会社に依頼するか考えないといけません。近くの不動産会社でいいんじゃない?と思ってしまいますが、不動産会社の中には、賃貸や売買、管理など、様々ありますので、売買を得意とする会社を選ぶ必要があります。

その為、店舗でも良いですし、ホームページでも良いですが、不動産会社が何を得意としているのかを把握しなければいけません。

③内覧はとても重要

マンションの売り出しを開始すると、物件情報を見て気になった購入希望者が内覧の申込みをしてきます。この内覧は気になっている方が来る訳ですので、少しでも良い印象を与えて、他の不動産と比べても選んでもらえるようにする必要があります。よくある話ですが、仕事をしていると、どうしても内覧希望者の予定に合わせられない場合があるとは思います。しかし、買い手からすると、他にも候補となるマンションはある訳ですので、予定が合わなければ、もう内覧にきてくれない可能性もあります。

内覧せずに購入することは、まずないと思いますので、見てもらわないと、売買契約まで結びつきません。どうしても予定がつかない場合はしょうがないですが、売り出しを開始しているのであれば、なるべく予定をあわせられるようにしておく事が大切です。

④まわし物件にならないように注意

③で内覧の重要性がわかったと思いますが、その他に気をつけておく必要がある事があります。不動産会社を疑うことになるのであまり考えたくはない事ですが、「まわし物件」と言う言葉がある事を知っておいてください。まわし物件は自分の物件を他の物件を売る為に利用する事です。簡単に言うと、他の買主さんのマンションを売る為に、自分のマンションを先に見せて、後で他の買主さんのマンションを見せることで良い印象を与える方法です。このまわし物件に利用されてしまうと、当然売れない訳です。

言葉を知っておいて少し担当者との会話で利用するだけでも、担当の営業マンに釘をさせるので「まわし物件」として使いづらくなるはずです。

⑤買主は必ず値下げ交渉してくると思っておく

内覧で気に入ってもらえて、売却できる所まで辿りついた際に、必ず値下げ交渉が入ると思っておいてください。買主は少しでも安く購入したいわけなので、ダメ元でも値下げ交渉をしてくる場合が多いです。売主は値下げせずに売りたいので、両者の考えは相反します。その際には大体、お互いが納得できるラインで話をまとめるように、不動産会社が動きますが、もしも値下げして売りたくない場合は、しっかりと、営業担当者に理解してもらっておかないと、売れやすいように値下げの説得とされ、安く売ってしまう事になってしまいます。

話が流れては意味がありませんが、大切な家ですので、相場よりも大きく値下げしないようにすべきです。

まとめ

少しですが、知っておいて損のない知識を紹介しました。必要な知識はまだまだ沢山ありますが、最低限最初に知っておいて欲しい事については紹介しました。マンション売却は相手がいて初めて成立します。売主の意見だけが通るわけではなく、買主の考えなども考慮しなければいけません。

売主は高く売りたい、買主は安く買いたい!ですので、両者相反する考えですので、妥協ではありませんが、両者が納得できるような売買をしないと、契約は成立しません。

だからと言って、売却するために買主の考えに合わせていては、納得して売却ができずに後悔が残ってしまいます。不動産会社に仲介を依頼して売却する以上、ある程度任せて販促活動していく必要がありますが、最低価格を自分で設定しておくなどしておかないと、流れにのって、不必要な値下げをする事になるかもしれません。

相場と照らし合わせて無駄な値下げはしないようにしてください。

マンション売却の基礎知識

COPYRIGHT© 2014 マンション売却の基礎知識  ALL RIGHTS RESERVED.